SBI証券が日本で初めてビットコイン対象のワラントを提供開始

ニュース

SBI証券が日本で初めてビットコイン対象のワラントを提供開始

株式会社SBI証券は2月15日、個人投資家向けカバードワラントの新規銘柄として「ビットコインレバレッジトラッカー」の提供を開始しました。

今回提供される「ビットコインレバレッジトラッカー」の対象原資産は、シカゴ・マーカンタイル取引所に上場しているビットコイン先物の価格に概ね連動するビットコイン先物リンク債となっています。

今回のサービス提供開始によりSBI証券の利用者は、eワラント専用取引口座で変動幅の約5倍の値動きが見込める商品と、約マイナス3倍の値動きが見込める2つの商品を取引することができます。

この商品はレバレッジ投資でありながら追証はなく、最大損失は元本以上にならないことが大きな特徴で、1万円程度の少額からビットコイン相場に投資することが可能です。

また、ビットコイン先物を投資対象としており、ハッキングや盗難のリスクなく安全にビットコイン投資が可能なのも特徴です。

今回のSBI証券による「ビットコインレバレッジトラッカー」の提供開始で、資産形成の1つとしてワラント取引の活発化が期待されます。

ビットコインが初めて5万ドルを突破、米企業の動きが影響か