ゲーム大手ネクソン、110億円相当のビットコイン購入、東証一部上場企業として初​​

ニュース

ゲーム大手ネクソン、110億円相当のビットコイン購入、東証一部上場企業として初​​

​​大手オンラインゲーム制作及び運用を行う株式会社ネクソンは4月28日、110億円相当のビットコインを購入したことを発表しました。

​​​​ネクソンは手数料及び経費を含めて、平均取得価格6,446,183円で1,717ビットコインを購入し、その​​総額はおよそ110億円に上り、この金額はネクソンの保有する米ドル、韓ウォン、日本円を含む現金及び現金同等物の2%未満にあたります。

​​また、時価総額3兆円の巨大なゲームプラットフォームであるネクソンは、韓国最大であり、日本では2番目、アジアでは4番目に大きいゲーム企業です。

​​同社の代表取締役オーウェン・マホニー氏は今回のビットコイン購入について以下のように述べています。

​​​​「今回のビットコイン購入は、 株主の利益を守り、 そして当社が保有する現金の購買力を維持するための戦略を反映するものです。(中略))現在の経済環境下において、 ビットコインは流動性の高い長期的な安定資産であり、 将来の投資における現金の価値を維持するものだと考えています 」

​​ネクソンのビットコイン購入が投機目的ではなく、通貨ヘッジとしてビットコインを選んだという事実は、他の公開企業の財務戦略にも影響を与えると見られています。

​​ネクソンは今回のビットコイン購入で、北米におけるテスラやマイクロストラテジーのように、長期的な資産として仮想通貨を保有することになりましたが、東証一部上場企業としては初めてのこととなります。

トルコの仮想通貨取引所2150億円分出金できずー国外逃亡で詐欺の疑いも