エイベックス・テクノロジーズ、NTF事業でエンジンとパートナーシップ締結

ニュース

エイベックス・テクノロジーズ、NTF事業でエンジンとパートナーシップ締結

仮想通貨エンジンコイン(ENJ)の発行元であるエンジンは、非代替性トークン(NFT)事業でエイベックス・テクノロジーズ(ATS)とパートナーシップ契約を締結したと発表しました。

ATSは4月にNFT事業基盤として「A trust」を立ち上げています。これは、デジタルコンテンツにブロックチェーンを活用した証明書を付け、本物であることを証明するものです。

また、デジタルコンテンツの著作権などを一元管理できる流通システム「デジタルアセット」も4月にプレローンチしています。

一方、エンジン(Enjin)は仮想通貨やNFTをシームレスに管理できるエンジンウォレットや、NFTの取引の場であるエンジンマーケットプレースなどを提供しています。

ATSとエンジンの提携によって、A trust上で作成されたNFTを、エンジンウォレットで管理したり、エンジンマーケットプレースで販売したりすることが可能になります。

エンジンは今回のパートナーシップ締結によって、将来的にはエイベックスグループが管理する知的財産をエンジンマーケットプレースで展開していくことなどを目指すとしています。

また、エイベックスグループが著作権を管理しているキャラクターや楽曲を、エンジンが提供するゲーム内で利用可能にすることも検討していると説明しています。

スポーツ関連データ提供会社、チェーンリンクを利用しデータ提供へ