日本円と連動するGYEN、バイナンスでの取引開始を発表

ニュース

日本円と連動するGYEN、バイナンスでの取引開始を発表

GMO株式会社は5月12日、連結会社である米GMO-Z.com Trust Company,Inc(以下、GMO Trust)が、日本円に連動するステーブルコインの「GYEN(ジーエン)」をバイナンス(Binanceに上場し、取引を開始することを発表しました。

「GYEN」は日本円建て(日本円と11のレート)で発行・換金されるため、ビットコイン(BTC)や米ドル連動型ステーブルコインの「テザー(USDT)」などの主要な仮想通貨と取引することが可能になります。

また、「GYEN」は、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の規制のもと、法定通貨によって裏付けられていることを外部の公認会計士によって公的に監査され、毎月開示されています。

法人および個人ユーザーは、「GYEN」がブロックチェーンで実行される利点を生かし、法定通貨よりも効率的かつ、低コストで取引やヘッジ、裁定取引、セトルメント、支払いなど様々な場面での活用ができます。

なお、GYENは、日本国外で流通する物であり、日本国内居住者への販売は対象外としています。