テザー社、USDT裏付け資産の内訳を公開-司法当局との和解条件に従い

ニュース

テザー社、USDT裏付け資産の内訳を公開-司法当局との和解条件に従い

米ドルにペッグしたステーブルコインであるテザー(USDT)を発行しているテザー社が、USDT発行の裏付けとなる準備資産の内訳を初公開しました。

テザー社は融資をめぐる米ニューヨーク州司法当局(NYAG)との訴訟で、定期的に裏付け資産の内容を公開することを条件に和解しており、今回の公開はこれに則ったものです。

現金および等価物、担保貸付金、社債・ファンド・貴金属、デジタルトークンその他からなり、以下のように構成されています。(公開された裏付け資産の内訳は、2021年3月31日時点のもの)

  • 現金および等価物…75.85%
  • 担保貸付金…12.55%
  • 社債・ファンド・貴金属…9.96%
  • デジタルトークンその他…1.64%</li>

また、現金および等価物についてはコマーシャルペーパー(CP)など、以下のように内訳をさらに細かく説明しています。

  • CP…65.39%
  • 信託預金…24.12%
  • 現金…3.87%
  • リバースレポ…3.6%
  • 短期国債…2.94%

裏付け資産において、現金の占める割合が極めて小さいことについて、テザー社のスチュアート・ヘグナーCEOは「現金だけに注目すると、流動性が欠けていると誤解されてしまう」と説明しており、担保貸付金についてはテザー社によるものだとしましたが、CPの契約先については「標準的な商習慣に従う」として公開していません。

テザー社の裏付け資産の公開内容については、アバンティ銀行のケイトリン・ロングCEOがツイッターで「品質の不明な信用資産に投資されていることが問題だ」などと、否定的な見方を示しています。

日本円での取引も可能ーアジア最大手の銀行グループが仮想通貨での投資信託事業開始を発表