ビットコイン10万ドルへ期待−ブルームバーグ月次レポート

ニュース

ビットコイン10万ドルへ期待−ブルームバーグ月次レポート

大手金融メディア、ブルームバーグのコモディティ部門トップアナリストであるマイク・マグクローン氏は6月2日、仮想通貨に関する6月期のレポートでビットコインの価格が上昇する可能性が高いという分析結果を発行しました。

5月に50%近く急落したビットコイン価格は3,000ドル台にまで落ち込んだ原因の一つとして、中国の仮想通貨取扱規制が取り沙汰されています。

しかし、マグクローン氏は「中国の規制によって分散型ネットワークが広がり、長期的視点ではプラス」という楽観的な分析を展開しています。

また、レポートでは「4月よりも値動きは活発でありながらも拡張性は低い」としています。

これは6月以降のビットコイン値動きが20,000ドル近辺まで下がるより、100,000ドル近辺まで上がり続ける可能性があるという分析によるものです。

グーグルが仮想通貨に関する広告方針を緩和、掲載が認められるれる2つの条件とは