世界的インターディーラーTP ICAP社、仮想通貨プラットフォームを年内にローンチ

ニュース

世界的インターディーラーTP ICAP社、仮想通貨プラットフォームを年内にローンチ

世界最大のインターディーラーブローカーである英国のTP ICAP社は6月29日、仮想通貨を取り扱う新たな取引プラットフォームを開設する意向を公表しました。

インターディーラーとはクライアントから預かった資産(株や、債券など)を運用し、利益を出すことを仕事とする職種です。

TP ICAP社は、インターディーラーとして世界有数の金融プラットフォームを機関投資家に提供していました。

TP ICAP社という世界的機関が、仮想通貨のためのプラットフォームを新設することで、仮想通貨の信頼性と安全性、将来性といった社会的地位の向上が見込まれます。

また、この計画には大手金融機関フィデリティ・インベストメント社などの提携先が資産の預かり業務を担当するということも明らかになりました。

仮想通貨向けの新プラットフォームは2021年後半のローンチに向けてイギリス金融当局の認可を待っている状況です。

予定ではビットコインの取引提供を開始したのち、イーサリアム取引も視野にいれています。

株式、債券の取引を長年取り扱ってきた歴史ある金融機関の仮想通貨市場への参入はポジティブなムーブメントとして捉えられることが考えられます。

中国のマイニング規制の裏で小規模水力発電所販売の動き