楽天がNFT事業に参入、2022年春に「Rakuten NFT」を展開

ニュース

楽天がNFT事業に参入、2022年春に「Rakuten NFT」を展開

楽天グループは8月30日、スポーツ・音楽・アニメなどのエンターテインメントなど様々な分野の売買が可能なNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスの「Rakuten NFT」を2022年の春に開始すると発表しました。

「Rakuten NFT」は、ユーザー間でNFTを購入したり、NFTの取り引きを行えるマーケットプレイス機能と、IPホルダーが、ロックチェーンの専門知識が無くてもワンストップでNFTの発行・販売サイトを構築できるプラットフォームとしての性質も併せ持っています。

IPホルダーが発行したNFTは、ユーザーが売買が可能で、決済時には楽天IDの使用や楽天ポイントを使ったり貯めたりできます。

さらに、楽天グループが提供する他のサービスにおいても、ユーザーが一定の条件を満たすとNFTを景品としてもらえる仕組みになっています。

楽天グループは「Rakuten NFT」を展開する背景について、幅広いユーザーに向けて「NFT市場の民主化を目指す」とコメントしています。

同グループは2016年8月にブロックチェーン技術に特化した「楽天ブロックチェーン・ラボ」を開設し、2019年8月からは、「仮想通貨における現物取引サービス」を楽天ウォレット株式会社で開始しています。

NFTマーケットプレイス「オープンシー」、8月の出来高が20億ドルを突破