音楽プロデューサー・ミュージシャンの小室哲哉氏、NFTを今秋発売

ニュース

音楽プロデューサー・ミュージシャンの小室哲哉氏、NFTを今秋発売

音楽プロデューサー・ミュージシャンである小室哲哉氏の音楽制作NFTが今秋発売されることが発表されました。

10月10日にJ-WAVE主催で開催予定のイノフェス(J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI)における、小室氏の音楽制作パフォーマンスがNFT化されます。

このNFTは、Studio ENTER株式会社が今秋に公開する予定の独自のNFTプラットフォームの「.mura(ドットミューラ)」にて販売される予定となっています。

小室氏は平成を代表するミュージシャンである華原朋美やglove、安室奈美恵の代表曲を手掛けた音楽プロデューサーです。

イノフェスは、J-WAVEが主催する日本最大級のデジタル・クリエイティブフェスで音楽、サイエンス、エンターテインメント、テクノロジー、アートが融合した未来体験型のイベントになっています。

なお、小室氏のNFTを販売予定のNFTプラットフォームの「.mura(ドットミューラ)」の決済方法や、どのブロックチェーン技術を活用するかなどの詳細はまだ発表されていません。

Studio ENTER株式会社の代表の山口氏は、ブロックチェーン技術はポリゴンを予定し、決済手段はイーサリアムやビットコインでも決済対応予定だとコメントしています。

エルサルバドル、ビットコインのキャピタルゲインは無課税