オーストラリアの証券投資委員会、仮想通貨ETPのガイドラインを公開

ニュース

オーストラリアの証券投資委員会、仮想通貨ETPのガイドラインを公開

オーストラリアの証券取引委員会(ASIC)は10月29日、仮想通貨ETPの上場取引型金融商品に関するガイドラインを公開しました。

ETP(Exchange Traded Products)とは「上場取引型金融商品」のことを指し、ETN(上場投資証券)、ETF(上場投資信託)、ETC(上場投資コモディティ)などが該当します。

このガイドラインでは、オーストラリアで仮想通貨EPAが認可されるための5つの条件を提示しています。

ASICが提示した5つの条件は以下の通りです。

  • 機関投資家や企業による投資目的の利用が多い仮想通貨を扱うこと
  • 信頼できて経験のあるサービスプロバイダーがサポートを行うこと
  • 現物取引の市場が成熟していること
  • 規制化の先物市場があること
  • 価格決定メカニズムが健全で透明性が高いこと

ASICは、現在、5つの条件をすべて満たしている可能性が高いのはイーサリアムとビットコインのみだとしており、他の銘柄の仮想通貨も条件を満たすようになることを期待しているとしています。

また、ガイドラインでは、仮想通貨がETFの適切な原資産となるためには、規制された先物市場、成熟したスポット市場、機関投資家による支持などを獲得する必要があると述べています。

インド政府、仮想通貨を資産として規制する枠組みを策定中