NFTが普及することによる環境への影響とは

初心者向けの基本知識

NFTが普及することによる環境への影響とは

NFTそのものは環境に負荷を与えないものの、NFTの製造方法は環境問題との関連性があります。

現状では、多くのNFTが大量の電力を使うPoWを採用したブロックチェーン上で作られているため、製造過程で莫大なエネルギーを消費しています。

PoWは仮想通貨がブロックチェーンに追加される新しい取引の正確さを検証するために使われる技術です。分散型ネットワークには中央機関が存在しないため、新しいデータの整合性を確保するため、PoWを採用していますが、エネルギーを大量に消費する過程は大気中の二酸化炭素排出量を増やし、気候変動を悪化させる可能性があります。

また、NFTは他人に譲渡できますが、PoWでNFTが作られている場合、別のNFTマーケットプレイスに譲渡しようとすると、NFTを作る際に使った分と同じ過程が繰り返されることになります。

NFT取引を含むイーサリアムのPoWプラットフォーム上のすべての取引は260キロワット時以上の電力を消費しますが、この電力消費量はアメリカの平均的な家庭が使う電力の約9日分に相当します。

しかし、NFTの製造にはPoWより環境に優しいProof of Stake(PoS)を採用しているブロックチェーンを使う方法もあります。

PoSは仮想通貨取引の検証で用いられるコンセンサスメカニズムのひとつで、所有者が仮想通貨をステークすることで新しい取引ブロックをチェック、ブロックチェーンに追加する権利が与えられます。

PoS方式を採用したブロックチェーン・プラットフォームは電力を過剰に消費して、NFTを作る際に環境に悪影響を及ぼすことがありません。

PoSはコンピューティングハードウェアを多用しないため、PoWよりエネルギー消費量が少なくなります。

ビットコインマイナー、ニューヨークのモラトリアム法案拒否を要請