Samsung|ブロックチェーン技術に積極的な姿勢

ニュース

Samsung|ブロックチェーン技術に積極的な姿勢

世界中の数多くの企が企業が、ブロックチェーン技術と仮想通貨の可能性を模索しているのは、連日のニュースから明らかです。

安全で分散されたブロックチェーン技術では、従来の商品やサービスまったく新しい市場を創出するだけでなく、多くの事業部門にわたって効率を大幅に向上させることが可能です。

このことから名だたる世界企業が注目しており、その中の一社にSamsungがあります。

韓国の技術大手は長い間、革新者として知られており、現在、企業のIT部門であるSamsung SDSの一環としてNextledgerを開発しています。

NextledgerはHyperledgerに似たブロックチェーンプラットフォームです。

Samsung のNextledgerとは?

SamsungのNextledgerはHyperledgerに似たブロックチェーンプラットフォームです。

Hyperledgerとは、

ブロックチェーンの技術を仮想通貨に限らず最大限に利用することを目的として生まれたブロックチェーン技術の推進コミュニティーです。プロジェクトの立ち上げにあたってLinuxOSの普及をサポートする非営利の共同事業体であるLinux Foundationが中心となり、オープンソースの理念から世界中のIT企業が協力して、ブロックチェーン技術の確立を目指しています。

グローバルな顧客に一連のエンタープライズブロックチェーンソリューションを提供するという最終目標を持っており、これらのサービスの1つは、広範囲の認証およびセキュリティアプリケーションに使用できる安全なデジタルIDプロトコルを作成することです。

Nextledgerは、法人顧客と個人顧客の両方の幅広い資金移動にも使用されます。これらの譲渡には、払い戻し、購入、または機関による暗号化または平等な資金が含まれる可能性があります。それをブロックチェーンを利用し設計されている幅広いプロジェクトを開始しています。

Samsungがブロックチェーン技術に注目した背景

Samsungがブロックチェーンの分野に進出した主な背景は、ネクストレッジャープラットフォームに基づく配送物流システムを開発するためのオランダの大手銀行、ABN AMROとの最近の提携です。

テスト運用は現在ロッテルダム港で進行中で、世界的な海上輸送にブロックチェーン技術を採用することで、コストを最大50%削減する可能性があり、多くのプラットフォームがこの分野に参入しています。しかし、サムスンは、自社製品を世界中に移動させてきた豊富な経験から、大きなアドバンテージがあります。

またSamsungもマイニングが可能となるように、昨年同社のチップはInnosilicon社のASICマイナーに登場し、9月にはカナダのSquire Mining社向けに次世代の10 nmチップを開発することを確認しました。

Samsungの持つ規模とプロセッサ製造業における確立された専門知識は、間違いなくそれをこの分野で非常に大きな競争上の優位性を秘めており、利用するプレーヤーに恩恵もたらすかもしれません。

最近では、漏洩した画像が次期Galaxy S10に浮上し、スマートフォンに統合された暗号通貨ウォレットが表示されます。

 

「Samsung Blockchain Keystore」と名付けられ、Bitcoin、Ethereum、ERC20の各トークンを保管できるコールドウォレットであると噂されており、Samsung側は正式に確認していないが、12月に「Blockchain KeyStore」という名前で欧州連合に商標を出願しました。

また、同時に「Blockchain Core」および「Blockchain key box」という名前の商標も出願しています。

次期端末に仮想通貨のウォレットを含めることは、企業がブロックチェーンの分野に踏み出す最も進歩的なステップの1つで、そのような動きは、大量採用の促進要因となる可能性があり、他のスマートフォンメーカーもそれに続く可能性があります。また、ウォレットがSamsung Payと連携して機能することで、ユーザーが購入の際に仮想通貨を使用できるようになる可能性もあります。

Samsungが取り組んでいるプロジェクトの規模を考えると、同社がブロックチェーンサービス業界のグローバルリーダーとしての地位を確立しようとしていることには明らかで、今後DEXが主流になりブロックチェーン技術が利用されるにつれて、次世代のユーザーの需要を満たす事は、Samsungの開発にとっては大きな投資にはならないため、リスクも少ないと考えらます。

2月20日は仮想通貨のXデーになるか?革新的サービスBinance DEXがスタート

最も重要なことは、ブロックチェーン革命で積極的なプレーヤーになることで、サムソンは技術を推進し、その技術をより多くの世界的大企業が利用する事でのイニシアティブをとることができます。

パソコンよりもスマートフォンが普及している現在の社会においては、よりパーソナルな端末で買い物をする際などに財布を持たずにことが足りる事は、スマートコントラクトの未来の姿かもしれませんね。

仮想通貨と電子マネーの違いをわかりやすく解説します

スマートコントラクトってなに?