ロシアの国営ガス会社、ブロックチェーンで契約業務など自動化

ニュース

ロシアの国営ガス会社、ブロックチェーンで契約業務など自動化

ロシアの国営ガス会社大手のGazprom社(ガスプロム)は、ブロックとチェーン技術を使用して、契約の締結・執行・監視といった、ガス供給に関する一連の業務を自動化していく計画があると発表しました。

Gazprom社のCEO、Alexey Miller氏が2019年4月3日にロシア連邦首相のDmitry Medvedev氏と会談し、業務のデジタル化について話し合いを行いました。

その会談の中でAlexey Miller氏は、

「Gazpromはブロックチェーン技術を使用して、ガス供給に関するプロセスを自動化するプロセスの実装を始める準備が出来ている。
契約の締結、監視、実行のプロセスを自動化するための技術プラットフォームのプロトタイプを開発しました。このシステムは、自動裁定取引とガス代金の計算も可能にします。」

と話しました。

このシステムは、プロセスに関与している関係者からは全てアクセス可能となっていますが、ブロックチェーンの仕組み上、不正や改ざんを行うことは不可能であるため安心して使うことができるとしています。

すでにGazprom社は、2018年の夏に同社の子会社である航空燃料補給子会社Gazpromneft-Aeroで、ブロックチェーン技術をベースとしたスマートコントラクト技術を導入し、燃料供給の計画と決済のプロセスを自動化しており、決済スピードと効率を改善し、人件費等の費用削減が行われています

ロシアのDmitry Medvedev首相は、

「ブロックチェーン技術はロシア経済、そしてGazprom社といった企業の活動に有望な未来がある。」

と発言し、Gazprom社の行動に前向きな反応を示していました。

このように、様々な企業でブロックチェーンを活用した業務の効率化やエネルギーの有効利用、経費の削減などの見直しがされつつあります。

国営企業が進んでこのような取り組みに携わる事でより多くの人に認知してもらうことができ、今後の普及も進むと考えられます。

ブロックチェーン搭載の冷蔵庫が発表|エネルギーへの積極的な参加を促進

IKEA(イケア)、ブロックチェーンの活用で家庭に太陽光発電の導入を補助する計画を発表