世界の富裕層68%が2022年までに仮想通貨に投資|DevereGroup社レポート

ニュース

世界の富裕層68%が2022年までに仮想通貨に投資|DevereGroup社レポート

世界中の富裕層の68%がすでに仮想通貨に投資している、または、2022年までに投資を計画しているというレポートを、ドバイを拠点とする金融コンサルタント会社DevereGroupが発表しました。

レポートによると、今後3年間で個人富裕層の3分の2以上が仮想通貨に投資することになります。

DevereGroupは100カ国以上に8万人を超える顧客を抱えており、同社が助言を行う資産は100億ドル(約1兆1111億円)以上にのぼり、

今回の調査は現在米国、英国、オーストラリア、アラブ首長国連邦、日本、カタール、スイス、メキシコ、香港、スペイン、フランス、ドイツ、南アフリカに居住している700人以上の顧客から回答を得ています。

また一部の顧客はすでにBitcoin、Ethereum、XRPなどの仮想通貨に投資しており、このレポートを受けてDevereGroup創設者で最高経営責任者であるNigel Green氏は、次のように語っています。

この調査は、個人富裕層がますます仮想通貨へのエクスポージャーを模索していることを示しています。
仮想通貨がお金の未来であり、その未来は今の延長線上にあります。仮想通貨は世界的に受け入れられつつあり、個人富裕層はこのチャンスを見逃すことはできず、仮想通貨に対する金融資産(ポートフォリオ)のバランスを取っています。
エクスポージャーとは?投資家や企業が持つ金融資産(ポートフォリオ)の中で、市場の価格変動のリスクにさらされている資産の度合い(割合)のこと。 
同氏は、これに加え資産家が仮想通貨投資をおこなう理由として、
  1. 仮想通貨は国境を越えているため、これまでグローバル化してきた商取引、貿易、および人々の世界に最適であること。
  2. 仮想通貨はデジタルで管理ができ、今後の私たちのデジタル化社会に適していること。
  3. 資産家は国際送金をより効率的に実行することを望み、仮想通貨は、その問題が実現可能な技術で、また世界中で推定20億人いるとされる銀行口座を持てない人にも対応可能であること。
  4. 若い世代は高齢世代よりも、この流れを採用する可能性が高いため、人口統計から見ても仮想通貨が支持される可能性が高いこと。
  5. 機関投資家も仮想通貨に投資し始めており、機関投資家の資本と専門知識を仮想通貨市場にもたらすことで、株式投資のような市場ができること。

以上の5つの主な要因があると持論を展開し、「将来的に個人投資家と機関投資家の両方に金融資産(ポートフォリオ)として受け入れられるようになってきている」と述べています。

これらの発言は、ビットコインの価格が5ヵ月ぶりの高値を記録したことも背景にあると考えられ、仮想通貨市場が強気相場として捉えられた見解と読み取ることができます。

DevereGroup以外にも独自の調査をおこなっている会社があり、5月2日には米国を拠点とする資産運用会社Fidelity Investments社も、機関投資家のうち22%が既に仮想通貨を保有しているといった調査結果を発表しています。

金融庁が仮想通貨のレバレッジ取引などに規制。投資家保護を強化

超初心者のための仮想通貨の始め方【概要】