インドの仮想通貨市場、急成長が見込まれる3つのポイント

ニュース

インドの仮想通貨市場、急成長が見込まれる3つのポイント

仮想通貨調査プラットフォームCoinpaprikaと仮想通貨取引所OKExは先週、2020年から2022年にかけてインドの仮想通貨市場が大幅に拡大することをレポートで発表しました。

このレポートでは、インドの仮想通貨に関するインフラや課題、投資家や国による施策などを分析した結果、インドの仮想通貨市場が急速に成長しているとしています。

インドの仮想通貨市場の成長要因となる3つのポイントは次のとおりです。

  1. インドでは他国からの出稼ぎ労働者が1,700万人いるが、国境を超える送金には高額な手数料が必要だった。しかし、仮想通貨を送金決済手段として利用することで、送金手数料を大幅に節約することが可能になること。
  2. インドでは法定通貨のルピーが不安定で、米ドルへの需要が高まっている。この流れはコロナウイルスのパンデミックによって拍車がかかっている。しかし、外国為替規制によって米ドルの入手は困難であるため、米ドルを手に入れたいときには、一度ビットコインなどの仮想通貨を購入し、その後米ドルを購入するという手段が取られていること。
  3. これまでインドでは仮想通貨取引は厳しく規制されてきたが、今年3月に撤廃され、現在では仮想通貨取引の規制がされていないこと。

レポートの締めくくりには、インドの仮想通貨市場における取引所間の競争は、今後ますます激しくなるだろうと予測しています。

中国で仮想通貨の相続を認める法案が可決される

韓国では2021年から仮想通貨に関する収益への課税を開始