仮想通貨メディアBlockTVはコロナウイルスの影響で事業を停止

ニュース

仮想通貨メディアBlockTVはコロナウイルスの影響で事業を停止

仮想通貨メディアのBlockTVは、コロナウイルスの影響によって事業を停止したことが、2人の元従業員によって明らかにされました。

3月に行われた1度目のレイオフに続き、今回は残っていた35人の従業員全員がレイオフされました。

BlockTVのノア・タミーCOOは、「BlockTVが行ってきた事業に誇りを持っており、将来的に復活させる」と述べています。

コロナウイルスのパンデミックが起こる前、BlockTVは、ニューヨークにスタジオを開設し、ニュース番組を放送する計画を立てていました。

BlockTVの元キャスターでアナリストのアシュア・ウェストロップ・エバンス氏は、「コロナウイルスによるロックダウンの状況下では、事実上の閉鎖を余儀なくされ、スムーズな運営ができなくなった」と語っています。

中国当局が数千の仮想通貨トレーダーの銀行口座を凍結

国連のブロックチェーン専門家「デジタル通貨が銀行口座の必要性を排除する」