仮想通貨低迷期の今、なぜファイルコインが注目されるのか?

アルトコイン

仮想通貨低迷期の今、なぜファイルコインが注目されるのか?

2018年に大きな盛り上がりを見せた仮想通貨業界。

その後、ブームは下火になり、仮想通貨の代表格であるビットコインも大きく価格を下落させていましたが、2020年に入るとビットコイン価格は再び100万円に突入する上昇をみせるなど、仮想通貨業界に再び注目が集まっています。

そうした状況のなかで、2017年8月に実施したICOにてプレセールス時に開始1時間で約170億円の資金を集めたプロジェクト「Filecoin(ファイルコイン)」が盛り上がりを見せています。

今なぜファイルコインが注目されているのか、私たちの実生活に一番近い5Gの導入を例に解説をしていきます。

第5世代移動通信システム「5G」とは?

総務省が「第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望」というレポートを公開していたり、身近なところでは5G対応の新型スマートフォンが発表されたりしているので、言葉自体は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

5G は「超高速・超低遅延・多数同時接続」を可能にする通信システムのことで、「モノのインターネット(IoT:Internet of Things)」に代表される、モノ対モノの通信に対する期待が高まっています。

IoTについては家電製品はもちろん、電力・ガスなどのメーターに対する通信モジュールの設置や、農業・畜産業、建築物に対する要求も高まっており、すでに現在でも一部で導入が進んでいます。

2020年代には、これらの普及がより一層進むと考えられ、さらに多種多様なものが通信可能となることで、ユーザーに対する利便性の向上・セキュリティの向上・コストの削減などの効果が期待されています。

5Gが抱える問題とは?

携帯電話が登場した30年前に比べ、現在では通信速度が約10万倍に進化をとげ、インターネットやスマートフォンの急激な普及によって、さらにWebの時代が大きく移り変わろうとしています。

しかし、そうした時代を迎えるにあたって大きな課題が存在します。

現在のインターネット社会は、無料の動画コンテンツやSNS、Eコマースなど必要な情報を自由に閲覧でき、誰とでも繋がることができる世界が実現されています。

しかし、多種多様なサービスを利用・維持するためには、企業から個人にいたるまで膨大なデータを保管しなくてはいけませんが、フェイスブック社が顧客の個人情報を流出させて大きな社会問題へと発展するなど、日々拡大の一途を辿るデータ量の扱いについては、大手企業であっても困難となっています。

データの肥大化による影響は次のような内容が挙げられます。

  • コストの肥大化
  • 中央集権管理によるセキュリティ問題
  • 消費電力の増加

このような問題を解決できるプロジェクトが、ファイルコインには実装されています。

ファイルコインが問題解決する方法とは?

現在インターネット上でのデータ保管は、GoogleDriveやDropBoxなどのクラウドストレージサービスが一般的になっているため、すでに活用されている方も多いのではないでしょうか?

しかし、これらの従来型のストレージサービスは、特定企業が管理するサーバー上にデータが存在する中央集権的なサービスです。

これからの新しい世界のインターネットストレージサービスでは、ブロックチェーンを活用してユーザー同士でデータを管理する非中央集権型のP2Pのストレージサービスが期待されています。

ファイルコインは、基幹技術であるIPFS(InterPlanetary File System)を利用して、P2Pのクラウドストレージサービス(インターネット上のファイル共有サービス)の構築を目指しています。

まとめ

2018年に代表される仮想通貨ブームは、投機的な視点で注目され認知度を上げてきました。一方で、ホワイトペーパー等で大きなプロジェクトの様に見せかけて、実需が伴わない詐欺的なプロジェクトも多く蔓延していました。

しかし、その中でも着実に技術開発が行われ、実社会に大きな影響を与えうるプロジェクトとして期待されているのがファイルコインであり、実際に様々な企業や投資家からの支援も受けています。

Filecoin(ファイルコイン)とBitcoin(ビットコイン)のマイニング投資の違いとは?|FILの有利な獲得方法【FILECOIN MINER】

 

ファイルコインを先行で獲得する方法

今夏にメインネットローンチを控える注目のファイルコイン。そのファイルコインを獲得する方法として、クラウドマイニングに参加することが有力とされており、日本では唯一「FILECOIN MINER」がそのサービスを行っています。

「FILECOIN MINER」への参加方法

今夏に予定されるファイルコインのメインネットローンチと同時にマイニングを開始するプランである第1期販売についてはすでに終了していますが、7月14日から数量限定で第2期の申し込みが開始予定で、すでに予約も受け付けています。

なお、現在の予約数の状況から7月18〜19日頃には完売する見込みとのことなので、購入をお考えの方は事前に予約しておくことをおすすめします。

すでに予約が殺到していることから、ご購入をご希望される方やご検討中の方はお早めに下記リンクよりお申し込みください。

申し込みフォームの紹介者欄には【クリプトネイチャー】と、ご記入をお願いいたします。

14日の決済開始の段階で購入ページのリンクをお送り致します。