日本の複数の都市にビットコインを要求する脅迫メール

ニュース

日本の複数の都市にビットコインを要求する脅迫メール

共同通信は、日本の複数の都市にビットコインを要求する脅迫メールが届いていると伝えました。

脅迫メールが届いているのは、茨城県鹿嶋市、栃木県佐野市、埼玉県加須市と川越市、千葉県柏市と君津市の7都市で、要求に従わなかった場合、市役所を爆破したり、武装集団が襲撃したりするとしています。

要求額は30BTC(約3300万円)で、期限は8月25日~26日を指定しています。

なお、同様の事件は、今年6月に北海道沼田町でも発生しています。

沼田町の件では、要求に従わなければ町役場2階の女子トイレに仕掛けた爆弾を爆発させる内容でしたが、実際には何も起こりませんでした。

今回の件も現時点では何も起こっていませんが、爆弾の捜索や建物の封鎖によって市役所の業務を一時中断するなど、現場では対応に追われています。

ビットバンク、XRP保有者へのSpark配布対応を検討