リップルが国際送金会社の株式を取得|東南アジアで事業拡大か

ニュース

リップルが国際送金会社の株式を取得|東南アジアで事業拡大か

リップルは30日、フィリピンに拠点を置く送金サービス会社Trangloの株40%を取得することを公式ブログで発表しました。

Trangloとリップルは合意しており、2021年中に規制当局の承認を目指しています。

Trangloの株を取得するリップル側のメリット

Trangloと提携することにより、東南アジア圏内で暗号資産「リップル(XRP)」の送金利用機会の拡充が期待されています。

さらに送金にかかる運用資本を効率化でき、利用者に提供するサービスの一層の充実される見込みです。

利用者のメリット

リップルがオンデマンド流動性(ODL)のサービスをスタートさせれば、RippleNet利用者は送金に必要な運用資金を保持できます。

そのため、今よりも多くの市場で国際送金できるようになるでしょう。

また現在の東南アジアの送金市場は、国ごとに送金インフラを作っている状態です。リップルの送金が普及すれば、低コストで国際送金の利用が可能になります。

さらに企業であれば、RippleNetが提供するクレジットラインとODLを活用し暗号資産のリップル(XRP)を使い、オンデマンドで資金を得ること、国際送金を頻繁に行えるようになります。

リップルがTrangloの株式を取得すれば、東南アジアのスタンダードの統合的な国際送金の地位に就く可能性が高まります。

リップル社、東南アジアでの事業拡大へ元ウーバー幹部採用