OpenSea(オープンシー)の特徴と使い方【NFTマーケットプレイス】

初心者向けの基本知識

OpenSea(オープンシー)の特徴と使い方【NFTマーケットプレイス】

仮想通貨界隈で最近よく話題になるのが非代替性トークン(NFT:Non-Fungible Token)

ブロックチェーンゲームのアイテムをNFTとして売買したのを皮切りに、芸術作品や写真などもNFTとして取引されています。

村上隆氏が「お花」のデジタルアート作品をNFTとして出品

NFTの売買というと難しく感じる人もいるかもしれませんが、そうでもありません。今回ご紹介するOpenSea(オープンシー)を使えば、NFTの購入や販売をスムーズに行うことができます。

サービス・取引所名オープンシー
設立2017年12月
所在地米ニューヨーク州
公式サイトhttps://opensea.io/

 

NFTで「本物」であることを担保

仮想通貨は代替性を持ったトークンであるため、どのBTCを使っても1BTCであることに変わりはありません。

これに対してNFTは、唯一無二の価値を持ったトークンです。

改竄が極めて困難なブロックチェーンによって、唯一無二であることが担保されています。

この特性を利用している1つが「デジタルアート」です。

その特性上、複製が容易で、偽物が出回りやすいという問題点を抱えていますが、NFT化することによって、本物であるというお墨付きを付与することができ、価値の低下を招きにくくなります。

また、ゲーム業界でもNTFが注目されています。

悪意のあるユーザーが、不正プログラムによりレアアイテムを増殖させ、リアル・マネー・トレーディング(RMT)に利用するなどの問題がありますが、これもアイテムをNFT化することで不正に複製されることを防ぐとともに、ブロックチェーン上に取引履歴を残して売買を透明化することが可能です。

このNFTを売買するマーケットプレイスの1つが、イーサリアムブロックチェーン上の分散型アプリケーション(DApps)であるオープンシーです。

オープンシーの登録方法

まず、オープンシーを使う前には、メタマスクなどETHのブロックチェーンに対応しているウォレットの作成が必要です。

ウォレットを作成したら、オープンシーのサイト内で利用するウォレットを選ぶことで使えるようになります。オープンシーそのものに登録する必要はありません。

また、必須ではありませんが、アカウントからメールアドレスとニックネームの登録をすることができます。メールアドレスを登録することでNFTを売買した際にメールで通知されます。

なお、登録にはウォレットによる認証が必要です。署名リクエストのポップアップ内にある「署名」をタップすることで認証作業を行うことが出来ます。

オープンシーでのNFTの購入方法

まず、公式サイトの「閲覧」メニューをクリックすると、競売されているNFTの一覧が表示されるので、この中から目当てのものを探していきます。商品数が多いため、キーワード検索やタグ検索で絞り込みをしましょう。

また、目的のNFTを探し出すためには商品の並べ替えも有効です。価格でソートをかけると、どのぐらいの価格でNFTが出品されているのか分かるため、競売の引き時や、自分で商品を売る時の価格設定の参考にもなります。

検索をかけて目当てのNFTが見つかったら「Buy Now」をタップします。オークションなら一番高い価格をつけた人、即決価格なら承認があればNFTが入手できるので、ウォレットから支払いを行います。

オープンシーでのNFTの出品方法

アカウントからマイアイテムズを選ぶと、出品可能なNFTの一覧が表示されます。この中から売りたいアイテムを選び出品します。

また、クリエイトを選び、作成したデジタルアートなどをNFT化して出品することも可能です。なお、NFT化するに当たっての手数料などはありません。

ゲーム内アイテムを販売する場合は、事前にどのぐらいの価格で販売されているか調査しておいた方がいいでしょう。

価格設定に当たっては、固定価格かオークション式のどちらかを選ぶことになります。価格を決めて出品すると、この時にトランザクションが発生しガス代が必要となります。

最近はガス代が高騰傾向であるため、販売価格よりもガス代の方が高くならないよう注意してください。

ちなみに、ETHベースのNFTの規格にはERC721とERC1155の2種類がありますが、オープンシーではどちらの規格のNFTも出品することができます。

NFT売買の敷居はそれほど高くない

NFTの売買は敷居が高いように思うかもしれませんが、オープンシーを使えばそれほど難しくありません。

オープンシーでは、NFTの購入や販売、自らの作品をNFT化することまでできます。また、すべてではありませんが日本語にも対応しています。

NFTは新しい経済の形であるため不安に思う人もいるかもしれませんが、オープンシーは世界的なマーケットプレイスであり多くの商品が出品されているので、この機会にぜひ覗いてみてください。

【仮想通貨取引所】コインチェックの特徴