コインベースCEO、SECからの警告に対し不透明性を訴える

ニュース

コインベースCEO、SECからの警告に対し不透明性を訴える

アメリカの大手暗号資産取引所コインベースは9月8日、SEC(アメリカ証券取引委員会)からウェルズ・ノーティスを受けたことを公表しました。

ウエルズ・ノーティスとは規制当局から企業などに対し、法的な訴えの可能性を示唆した通知のことです。

今回の対象はリリース前のレンディングサービス「Lend」で、USDCの貸付サービスで最大年利は4%とされています。

コインベースはSECと約半年前からLendについての話し合いを続けてきたとしており、SECから圧力に対し、ブライアン・アームストロングCEO7日に自身のツイッターで遺憾を示しています。

保有する仮想通貨を貸し付けて利息収入を得る取引サービスであるレンディングは、他企業でも広く行われていますが、Lendが通知を受けた理由についてSEC側からの説明はされていません。

仮想通貨ウォレット事業のデジポケが経営破綻、負債総額100億円