ReFiの取り組みを進めているKlimaDAO(クリマダオ)とは

環境・エネルギー関連

ReFiの取り組みを進めているKlimaDAO(クリマダオ)とは

ReFi(Regenerative Finance)とは、現在の金融システムにブロックチェーンを使用することで、地球環境を良くしていこうという取り組みで、日本語では「分散型再生金融」の意味で使われています。

たとえば、経済活動に必要な現金の発行やシステムを運営するためには、紙幣の印刷や配送といったエネルギーが必要ですが、使用する通貨を暗号資産に変えることで、印刷や配送する過程で出てしまう温室効果ガスの抑制を行おうとするプロジェクト等があります。

その中でも注目されているプロジェクトの1つが、カーボンクレジットに連動した暗号資産「KLIMA(クリマ)」を発行しているKlimaDAO(クリマダオ)です。

KlimaDAOは環境保護活動家やWeb3開発者、起業家のグループが集まるDAO(分散型自律組織)で、2021年の10月にはカーボンクレジットにリンクされているKLIMAを発行しています。

また、KLIMAはイーサリアムのサイドチェーンであるポリゴン(Polygon)チェーンを使用しています。ポリゴンは2022年中にはネットワークのすべてをゼロ・カーボンにすることを目標にしており、KlimaDAOを含めた気候変動に関するプロジェクトに総額2,000万ドルを拠出することを約束しています。

個人でもKLIMAを購入してKlimaDAOに預けることで、投資と地球環境維持を両立したプロジェクトに参加できます。SDGsが活発化し、地球環境に対して企業も敏感になっている現在、KlimaDAOは注目するべきプロジェクトの一つです。

ポリゴン、2022年にカーボン・ネガティブを実現するために2000万ドルの寄付を約束