バイナンスが仮想通貨プロジェクト「ヴィーナス(Venus)」を発表|フェイスブックのリブラ(Libra)に対抗か

ニュース

バイナンスが仮想通貨プロジェクト「ヴィーナス(Venus)」を発表|フェイスブックのリブラ(Libra)に対抗か

2019年8月19日、バイナンスが仮想通貨「ヴィーナス(Venus)」と呼ばれる新たな仮想通貨プロジェクトを立ち上げると、公式ブログで発表しました。

今回発表された仮想通貨「ヴィーナス(Venus)」で発行される仮想通貨は、「地域版リブラ」及び「韓国版リブラ」という説明がなされています。

その仕組みや詳細についてはまだ明らかにされていませんが、今年6月にフェイスブックが発表した仮想通貨「リブラ」を “意識した” プロジェクトであると考えられています。

仮想通貨「ヴィーナス」の開発を決定した背景には、「国際的な顧客ネットワークの構築に成功しており、独自ブロックチェーン(パブリックチェーン)による安定した決済システムを有している」という現状があるようです。

その具体例として、マルタでの同社ブロックチェーン事業の良好な実績や、米国での仮想通貨取引所設立にあたり規制に準拠するためのパートナーを得ていること、さらにシンガポールでの仮想通貨取引所設立を達成しているなども発表文の中で言及されています。

さらに、バイナンスはビットコインと連動した仮想通貨「BTCB」やイギリスポンドと連動したステーブルコイン「BGBP」を発行しており、米ドルと連動したステーブルコイン「USDC」も同社が運営する仮想通貨取引所に上場されています。

安定したステーブルコインの取引基盤を有していることも「ヴィーナス」開発の一助となることは間違いないでしょう。

また、政府や企業の「ヴィーナス」への参加を歓迎するという主旨の文面も発表文の中にあり、政府や他企業とのパートナーシップについて模索している様子も伺えます。

一方、先に発表されているフェイスブックの仮想通貨「リブラ」は既にVISAPayPalなどの多くの企業とのパートナーシップを結ぶことに成功しており、その詳細も徐々に明確になりつつあります。

リブラを管理するための独自ウォレット「Calibra(カリブラ)」の開発が進められていることや、リブラが法定通貨や国債などの価格変動リスクの小さい資産価値と連動した仮想通貨となることも発表されています。

また、リブラでは、アフリカなどの地域では貧困層が金融サービスの恩恵を充分に受けられていないという問題を解決するというビジョンも掲げられており、個人間の送金などに利用されることも予想されています。

バイナンスの「ヴィーナス」は発表されたばかり。

一方リブラはその詳細が発表された後、米政府から開発を一時中断し、規制当局からの判断を待つよう求められる一幕もありました。

今後、「ヴィーナス」と「リブラ」がそれぞれどのように競合していくのか。また、「ヴィーナス」に対する規制当局の反応や先例となる「リブラ」と規制当局の議論の進展に注目が集まりそうです。

フェイスブックに宛てた「リブラの開発中断」を求める文書を米下院金融サービス委員会が公表

バイナンスが新たなトークン「BTCB」の発行を発表|ビットコインにペッグされたトークン

フェイスブックの仮想通貨「Libra」が正式公表|米議会からは反対の意見が勃発