Toucan(トゥーカン)|炭素市場の改善に取り組むプロジェクト

環境・エネルギー関連

Toucan(トゥーカン)|炭素市場の改善に取り組むプロジェクト

地球の気候変動の問題を解決するために、世界中の人々は緊急に行動する必要があります。

「ReFi(Regenerative Finance)」と呼ばれる、現在の金融システムにブロックチェーンを使用することで、「気候変動」や「生態系」、「社会正義」などの課題を解決していこうとするムーブメントがあります。

そうした取り組みの1つがToucan(トゥーカン)です。

Toucanはスイスに拠点を置く非営利組織で、ブロックチェーンを利用した炭素市場でのインフラストラクチャを構築しており、人類が2050年までにインターネットから排出するエネルギーを実質ゼロにすることを目指しています。

具体的には、カーボンクレジットをブロックチェーンとToucanMeta-Registry(カーボンの値を記録したデータベース)にブリッジすることで、カーボンオフセットの二重支払い防止を推進しています。

また、Toucanはトークン化された自然ベースの炭素クレジットのバスケットに支えられたNCT(ネイチャー・カーボン・トン)を発行しています。

NCTは誰でも購入することができるため、森林再生や動物の生息地保護などの資金調達などで重要な役割を果たしています。

ReFiの重要なポイントは「競争より協調」です。

気候変動などの環境分野においても人々が協調する必要があり、明るい未来への道を切り開くために協力する必要があります。

ブロックチェーンを利用したカーボンオフセットと課題