Huobi|仮想通貨デリバティブ取引でリップル(XRP)の取扱い開始を発表

ニュース

Huobi|仮想通貨デリバティブ取引でリップル(XRP)の取扱い開始を発表

大手仮想通貨取引所のHuobi(フォビ)は3月26日、仮想通貨の先物取引サービスである「Huobi Derivative Market (Huobi DM)」で、今週の金曜日(3/29)からリップル(XRP)の取扱いをスタートすることを発表しました。

 Huobi DMはこれで、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)イオス(EOS)、ライトコイン(LTC)と合わせて計5通貨の先物を提供することになり、今後も新たなアルトコインと契約していくとしています。

Huobiは今回の件とは別に、最近では「Huobi Prime」でのDPO (Direct Premium Offering)にも取り組んでいます。

DPOとは、取引所トークンのHuobi Token(HT)を介した新規プロジェクトのトークン購入を可能にするだけではなく、購入したトークンをHT市場で即座に交換できることができるHuobi独自の仕組みとしてIEOとの違いを強調しています。

Huobi(フォビ)の取引所トークンHTが123%の価格上昇|IEOではなくDPOを強調

Huobi Primeによるトークンセール第1弾 – 7秒で完売するもユーザーからは不満の声